PICK UP
HOT NEWS NEWS
2017年5月22日(月)
Event

《ピアノ・テクニック講座・第3弾 第1回レポート》

5月19日、朝日カルチャーセンターにて開催されたピアノ・テクニック講座は、おかげさまで第3弾をスタートいたしました。
・タッチの基本
・フィンガリングの奥義
・ペダリングの魔法
上記3つをセットに行ってきた本講座、これらのテーマで開催されるのはいよいよ最後となります。
今回のタッチの基本では、明日23日、カワイ表参道パウゼにて行われる、
菊地裕介ピアノリサイタル「ワルツが廻る」にむけて“ワルツのタッチ”などを中心に開催されました。
今回取り上げられた曲と、それぞれについて簡単にまとめてみました。

♪ リスト 忘れられたワルツ
「強拍か弱拍か、だけの問題ではない。
左は上下・右は左右に振れる“振り子の原理”を考える」

♪ ショパン エチュード
op.10-1「鍵盤の幅を感じてポジションをつかんだまま。指先の向きを考え、早くにターゲットをロックオンする」
op.10-12「アクセントやタイムラグとしなりについて」
※これは野球で、打つ→返ってくる重さ(反動)=タイミング(点)をつかむ という例えで説明されました。

♪ ベートーヴェン ピアノソナタ 28番 2楽章
「“タッチがタッチでなくてはいけない瞬間”を、ちゃんと思い浮かべなくては成功しない」

♪ ショパン スケルツォ 4番
「どこを辿って、どこへ着地するか。先々を想像すること」
動作と想像が常に幽体離脱するような感覚をもって。

♪ ラヴェル 高雅で感傷的なワルツ
「いかに着地の際に減速するか。バウンド力や反動をうまく利用する。
また、弱い音は作業に時間がかかる。それはタイミングを捉えるためであり、一定の時間観察する必要性があるということ。」

Q その時間内で何をするか。
それは重さを感じ、スピードを感じ、修正すればコントロールが可能であるということ。
Q はやくてなめらかな音はどう弾くか。
トリルが弾けないと長いパッセージは弾けない。ピアニッシモのトリルを練習する。

♪ 子犬のワルツ
「なぜ子供はトリルを上手に弾けないのか」
トリルは意識から外すことが大事であるということをお話しされました。
また、トリルや音階を弾くにあたっては、“鍵盤の可動域を知る”ことに繋がると再度説明がありました。

☆今回キーワードとなった言葉は次の通りです。
ボウイング/拍感/フレージング/伝わる瞬間「音をmeetする」/ダブルエスケープメントとハーフタッチ

・並んでいる弦を連続してとっていくという意味で、弦楽器とピアノはよく似ているため弦楽器をよく観察する。
・バレエを観に行く(つま先と指先、感覚に似たものがあるということ)
・世の中に溢れる色々な感覚を興味を持ってよく観察する。(空気圧ポンプと油圧式ポンプの違いは?等)
その人にとって何がピアノに生きてくるかわからない。
知ろうとすることでその感触が、ピアノを弾くその一瞬に応用できるはずであると、まとめられました。

☆6月の第3弾 第2・3回と、7月からの新シリーズもぜひご期待下さいませ!
皆様のお悩みが解決するかもしれません。
詳細はこちら
・第2回 6月2日(金)
詳細
・第3回 6月30日(金)
詳細

本テーマの探求は、“終わり”のないものではありますが、こちらで扱うのは最後となります。質疑応答の時間もございます。ご受講者様とディスカッションしながら進めますので、初めてのかたもこの機会をお見逃しなく!
※ 次回 6月2日で取り扱う曲目につきましては、前日までにSNSで告知をさせていただきます。
楽譜をお持ちいただけますと、より一層わかりやすくご受講いただけることと存じます。

また、今回の講座内では、練習と分析を繰り返していく中で“練習の分析”ができていないのではないかと菊地が申しましたが、
次回テクニック新シリーズではまさに“練習の分析”がテーマといえる講座になりますのでご期待下さいませ!
詳細はこちら

そして……!!

明日はショパン・フェスティバル2017 in 表参道
菊地裕介ピアノリサイタル「ワルツが廻る」です!
開場 18:30 開演19:00
会場、カワイ表参道パウゼにて、皆様のご来場をお待ちしております!
詳細

2017年5月20日(土)
Information

♪ 出演情報 ♪

5月23日(火)のご予定はお決まりですか?
ショパン・フェスティバル2017 in 表参道 菊地裕介ピアノリサイタル「ワルツが廻る」

素朴なワルツから悪魔的なワルツまで、ワルツの可能性に魅せられた大作曲家たちの素顔に迫る本公演。
菊地の奏でる優雅なワルツで素敵な夜を過ごしませんか?

開場18:30 開演19:00
会場はカワイ表参道 パウゼです。

曲目は下記の通り♪
ショパン:ワルツ No.2,4,5
シューベルト:高雅なワルツ
ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
リスト:忘れられたワルツ第1番
シューマン:謝肉祭
リスト:メフィスト・ワルツ第2番

ラヴェルの高雅で感傷的なワルツは、一昨年おこなったラヴェル全曲演奏会で、
シューマンの謝肉祭は今月10日に開催されたリサイタルで演奏されました。
もう一度聴けるチャンスです!
火曜日の夜はぜひ、カワイ表参道へいらしてください。
素敵な夜をお約束いたします・・・♪

スケジュールページ

皆様のお越しをお待ちしております!

2017年5月15日(月)
Information

♪朝日カルチャーセンター《ピアノ・テクニック講座》のお知らせ

いよいよピアノテクニック講座も第3弾の開催を迎えようとしています!
詳細日程は下記の通りです。

♪ 第1回:5/19 タッチの基本…強弱、そしてアーティキュレーション
♪ 第2回:6/2 フィンガリングの奥義…レガート、フレージング
♪ 第3回:6/30 ペダリングの魔法…どこで、なぜ、どのように

第3弾はより一層、皆様のお悩みを一緒に解決していく場となるよう進めてまいります。
第4弾からテーマ変更となりますので、これらのテーマで開催されるのは第3弾が最後となりますので、初めての方もこの機会にぜひご受講してみてはいかがでしょうか。

本日は今まで開催された講座のレポートをまとめてみましたので、下記レポートもご覧の上、お越しくださいますと幸いでございます!
皆様のご受講お待ちしております♪

【過去回レポート】

・第1弾
第1回 2016年 10月9日
「タッチの基本」
第2回 2016年10月25日
「フィンガリングの奥義」
第3回 2016年11月24日
「ペダリングの魔法」

・第2弾
第1回 2017年1月23日
「タッチの基本」
第2回 2017年2月7日
「フィンガリングの奥義」
第3回 2017年3月23日
「ペダリングの魔法」

☆第3弾詳細はこちらをご覧くださいませ!